Latest Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

オフミッションやっちゃいましたΣ(ノ≧ڡ≦)(その1)

三ツ星ありがとーオフ会無事終了いたしました☆
いやー楽しかったですっ、テンション上がりすぎて何か変なこと言ってないと良いのですががが;


全体のオフレポは参加してくださった皆さんがもうすでにあげてくださっている(・・・∑お仕事はやいw)ので、
ちみぃはMMを務めさせていただいたオフミッションのリプレイみたいなものを載せたいと思います。

・・・・・・が、やってしまいましたぜ。
録音できるもの何か用意しておけばよかったー・・・オンなら、ログが残るのに(ぁ

ということで、だいぶダイジェストな感じでお送りしていきたいと思います。
参加PCさんのセリフもちみぃの脳内変換が含まれてしまっていることをご了承くださいませ!


=======『幸福の国のアリス』======
――――――mission start…♪


皆さんは、厄介な討伐依頼を終え、お腹を空かせて冒険者ギルドに戻ってきました。
すると、職員さんが・・・
ギルド職員チミー「これ、私のてづくりなんですよー♪チョコ ラング・ド・シャ クッキー。お腹すいてるでしょ?どうぞご自由に召し上がってくださいねー」
と、カウンターの上にクッキーを出してくれました。
さあ、皆さん…召し上がってください。

(ざわ・・・ざわ・・・。途端警戒する参加者の皆さんw)
ミカゲ「あぁー…ありがとうございます?」(と、ひとつだけ)
レムリア (わたしもひとつだけ)
アイス「…全部食べちゃっていい?」(∑(´∀`))

―――とにかく食べていただきました(きり)

皆さんが一口クッキーを口にすると・・・視界がぐるぐるぐにょぐにょ回りだして―――走馬灯のようなもの見えます。
あぁ・・・あんなことあったなぁ。こんなことあったなぁー――――――トレステラの今までの思い出が次々と浮かんでは消え。
そして、急激な落下感がありー――――ドスン☆

・・・皆さんは気がつくと、不思議な洞窟(洞穴?)のようなところに居ました。
洞穴の壁には、妖怪いちご大福が埋まっていたり・・・椅子やテーブル、髪飾りや・・・青く光る築光石、様々な物がめり込んでいます。なんとなーく、見たことのあるような物たちです。

ミカゲ(葉月さん)「ちなみに地面の感触は・・・?」
ぐにょって感じです。いちご大福を踏んづけたのかもしれませんねぇ。

そして、その洞穴には・・・白うさぎの格好をしたリリオさんが懐中時計を見ながら、まだかなぁー・・・?なんて、誰か人を待っている様子です。
そこに、マッドハッター姿のケイさんがやってきました。
二人共自分は白うさぎさんやマッドハッターであるという、意識だけ持っている状態です。

ケイ(突然現れた、レムリアさんやアイスさんを見て)「・・・天使が舞い降りてきたんだろうか?」
いきなりナンパですか。 いいぞ、んもっとやれ♪

ミカゲ「あ、あの・・・ここはどこなんでしょうか?」
リリオ「・・・え?さ、さあ?」

声をかけられたリリオさん、そしてケイさんは急に意識を取り戻し・・・なぜ自分がこんな姿でここにいるのかわからない状態になり―――

ケイ「あ、あれ・・・?なんだ、この格好っ?あ、リリオ・・・これ、どうしたのかわかる?」
リリオ「さあ、私にもー」

どうやら、二人もどうしてここにいるのか分からないようです。

――――そこに、またも突然!
赤いドレスに黒いカチューシャ、紅茶色のエプロンドレス、黒と白のストライプのタイツを履いた、10歳ほどの少女が現れました。

少女「はいはーい、皆さんこんにちはー♪私は、ありす。・・・死神なの♪」
(ざわ・・・)
(そっとありすのおでこに手を当てる冒険者・・・この娘大丈夫か・・・?)

ありす「んもー!なにするのっ。・・・私、皆さんに依頼したいことがあるのよー。・・・皆さん冒険者でしょ?」
ミカゲ「え、エェ・・・そうですが」
ケイ「一応、聞くだけ聞こうか」
アリス「・・・聞くだけってなによっ。私の依頼はことわれないのよ?ここは、私の作った世界なの♪―――不思議の世界へようこそ!私の依頼を受けなかったら、元の世界には帰れないのよ?」

(聞く姿勢の皆さん)

ありす「あのね、依頼っていうのはぁー、皆さんの首をはねさせて欲しいの♪」
「「「えー・・・それ、しんじゃうじゃないかぁ」」」」
ありす「ううん、首をはねてもしなないのよ?ただデュラハンになるだけ♪」
「「「・・・・・しんでるって!!」」」
ありす「あらー・・・この依頼は断れないわよ? なんでかって言ったら――――・・・最近、『冒険者』とかいう連中が?
私の可愛いデュラハンちゃんをことごとく倒してくれちゃってるってはなしじゃなーい・・・?私も死神として、魂を連れてくノルマを達成できなくってすんごい困ってるの。だ・か・ら・・・強いデュラハンちゃんがほしいわけよ。わかる?」
ミカゲ「私たちはそんなに倒してませんよね・・・?」
アイス「なのだー」
ありす「あら?私知ってるのよ?・・・冒険者の中でも特にダブルスターとか言う連中が?強いらしいじゃない?えぇ?」
ケイ「・・・僕は、ダブルスターじゃないし」(ぼそ)
ありす「それよりも、トリプルスターとかいうのが、もっと倒してくれちゃってるらしいじゃない??(ぎろ)私の情報網を舐めないでちょうだいね!」

・・・実際、デュラハンロードをばしばし討伐しまくってるケイさんw

ありす「まあ、私もタダで首をはねさせてとは言わないわ。私とゲームをして勝ったら元の世界へ帰っていわよ―――
私はゴールの女王の城で待っているからそこにたどり着ければいいの。
ルールはたったひとつだけ・・・『幸せであること』以上。ゴールまで幸せでいられたらあなた達の勝ちよ。・・・それじゃ、頑張ってね♪」

ここで、幸福ポイント判定。10+ランダム10していただきました。
たしか、アイスさん20P、ミカゲさん19P、リリオさん15P、レムリアさん15Pケイさん16Pだったかな・・・?(うろ覚え)


―――・・・ふわり。そう言って少女は姿を消してしまいました。
残された皆さんの居る不思議な洞穴には通路がひとつだけ。

「まあ、行って見ますか・・・?」
「そうですねー」
「はいー」
「・・・壁に穴を掘ってもいいですか?」

なにか技能があればいいですよー。でなければ筋力or体力から-2修正で。

アイスPL「じゃあ、彫刻は・・・?」
ケイ「ものすごい、時間かかりそうだよー」

こう、カリカリと地道に・・・?

アイスPL「いや、いいですー。普通に行きます」


・・・こうして冒険者たちの不思議の冒険が始まったのでした――――――・・・


==============================

あわわ、これ大変だわ;
皆さんのセリフとかダイスとか正確に思い出せるわけが無いw
なのでさくさくとしたレポになりますが、続きはまた次回・・・記憶が消えてしまう前に更新しますー!
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://adukimilk.blog122.fc2.com/tb.php/36-cc85a1c4

«  | ホーム |  »

最新記事

最新コメント

カテゴリ

リンク

プロフィール

 

ぽちみぃ

Author:ぽちみぃ
好きなこと:食べること。
好きな人:自分…うそ。みんな。
好きな匂い:緑茶の茶葉直嗅ぎ…ふんすっ。土の匂い、ビニルハウスの中…うっとり。
好きな言葉:自給自足。
ちなみに顔イラストの代理はサン(※NM獣使いと三輪車参照)

 

検索フォーム

 

 

RSSリンクの表示

ブロとも申請フォーム

QRコード

 

QRコード

 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。